プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
318位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが
新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。
個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て
彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。
果たして『大渡海』は完成するのか──。


映画化されましたね。
映画化を機会に、読んでみました。
映画を見るでなく、本にはしる私。w

面白かった。というのが素直な感想です。
「言葉」に対しての思いがそこかしこに
溢れてる作品でした。

この本を読んで、初めて辞書1冊を作るのに
どれだけの労力と時間が掛かるのかを
知りました。
辞書、学生の時にもっと大事に使えば良かったな
なんて今更思ったりもして。。

同じ発音でも、意味が違う単語があるというのは
分かっていたけれど、奥の奥までの意味を
考える事はあまりなくて。。。

「言葉」というものの大切さを教えてくれる本だと思います。
お勧めですね。

★★★★★



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 三浦しをん 映画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。