プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
482位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やんちゃ二人に堅物ひとり。麻之助・清十郎・吉五郎が江戸は神田で
活躍する。傷心のなか、町名主名代のお役目はどうにか務めている
麻之助。揉めごと諍い悩みの相談、いつもの裁定の仕事をするうちに
過ぎた時間がいつしか薬となってゆく…。


このシリーズも早4冊目。
いやはや、いやはや
前作の終わり方が衝撃だっただけに
どのように物語が展開されるのかとある意味
心配でしたが・・・

今まで読んだ3冊ではまさか
ここまでお寿ずの存在が大きくなっているとは
読み取れませんでしたが、今作品を読んで
そうだったのね~と。
いつも傍に寄り添ってくれた
お寿ずの存在。
いつの間にか麻乃助にはかけがえのない人になっていました。

大きな悲しみから少しずつ己を取り戻していく姿は
とてもけなげでした。
お寿ずの妹、おこ乃ちゃんの存在は気になります。
一読者としては、安易におこ乃ちゃんとは
くっついて欲しくないなぁ。
確かに、可愛いですが。。

表題作「ときぐすり」は逸品です。

★★★☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 畠中恵 ミステリー シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。