プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
389位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民王

夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生--。

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。
目をさましやがれ! 」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣
揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀を
めぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が
見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ!


この本って本当に池井戸潤?の本なのというのが
最初の感想。バタバタドタドタと物語が進みます。
私が今まで読んだ、池井戸作品とはあまりにも
かけはなれてて、作者のイメージが
ガラガラと音をたてて崩れたような・・・w

正直、物語に全く入り込めず
読むのがきつかったです。
どうやら、今までの読んだような作品を
期待していただけに、その期待が大き過ぎたみたい。

銀行員の話のように深みやリアルさをあまり
感じず、感情移入も出来ず・・・
結局、どこにいきたかったのか、私にとっては
よく分からない作品でした。

★★☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。