プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
360位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************************************

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が
大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師
田口公平の元には一枚の怪文書が届いていた。それは
救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着している
という匿名の内部告発文書だった・・・。

*******************************************************

ナイチンゲールの沈黙」の裏側(?)で
起こる(どっちが裏で表かははっきりしないけど・・・)
もう一つの事件。。

なので、同じセリフや情景描写が出てくる。

今作品は医療現場の理想と
現実の差をはっきりと書いている。

まぁ、難しいことはさておき
さくっと読める内容になっていて
シリーズ作品の中では1番読みやすかったし
感情移入もしやすかったかな。

ただ、白鳥の活躍が前2作品に比べると
少なく少し迫力がなかったような気がする。

白鳥の登場が少なかった分、噂の(?)姫宮が
登場したからそれでカバーしてたのかな。
姫宮、想像とちょっと違ったよ。
まぁ、それはそれで面白かったんだけどw

シリーズを重ねる事に登場人物の個性が
どんどん濃くなっていて読む方としても
次が楽しみなシリーズになっている。
ラストは次への伏線だよねぇ。。あれって。
しっかりしてるw。

★★★★+☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 海堂尊 ミステリー シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。