プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
316位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13歳の八木沢順が、刑事である父の道雄と家政婦との新たな
生活を始めたのは、東京の下町だった。そのころ町内では
“ある家で人殺しがあった”という噂話で持ち切り。
はたしてバラバラ死体の一部が発見されて……。


「東京下町殺人慕色」の改題して出版した作品。
読んだこと無かったので、私にとっては初。
宮部みゆき作品を読むのは久しぶり。

作品自体は20年程の前の物らしいが
下町が舞台の為か、そんなに古臭い感じはしなかった。
文字も少し大きめでさくさくと軽く読める。

犯人は途中から分かってしまうんだよね。
描写も結構、キツイ物があるけれど
少年犯罪がテーマだし、ミステリーという点を
考えれば仕方がないのかも。
よくこの描写があったのにライトノベルにしたなぁと。。。

潤と慎吾みたいな子供ばかりだったら
もっといい世の中なのにね。

★★★+☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき ミステリー

コメント

No title

こ・・・この本、改題だったのですか??
危うく買うところでした(持ってる)
「東京殺人暮色」じゃダメなんですね~。
しかし、宮部さんの描く子供って素直~な子が多いですね~♪

igaigaさん

返事が遅くなってごめんなさい。

そうなんです。改題の本だったんです。
私は初めて読んだのですが・・

宮部作品に出てくる男の子は可愛いですよね。
現実、こんな男の子は少ないだろうと思う私は
ひねくれてるかも?wです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。