プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
791位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
454位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からの
メールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために
コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき
驚愕の真実が明らかになる――。

*****************************************************

気になってる本で、やっと図書館から
借りる事が出来た。
気になってたんだけど、なぜか、最初の2~3ページまで
読んだところで、そこからなかなか意欲が湧かず
放ったらかしに。。。w

返却日が迫ってからやっと・・・

読み始めると、なぜ、最初の段階で止まってたのか
不思議なくらい、進む、進む。
読み進めていくほど、続きが気になって、気になって・・

凄いスケールの大きさでミステリーではなくSFだよね。これって。
文書のそこかしこに、専門用語が出てくるので
理解出来ない部分もあるけれど、それでも面白かった。
映画化されそうな感じの物語。
ラストも満足のいく終わり方だった。

ただ、物語の最中に
これって作者の歴史観?というか
まぁ、そういうものが書かれていて
興ざめって感じ。物語の伏線になるのか?と
思えば、全然関係なかったし。
書く必要があったのか?と。

こういうのがなければ☆5つだったんだけどな。苦笑

でも、これを差し引いても読む価値はある一冊。

★★★★☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

    
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 高野和明 ミステリー SF

コメント

よかったですよね!

私も最初はなかなか進まなかったんですが、
途中から夢中でした。
確かにちょっとしつこいかも??という説明も多くて、
専門的な話は難しすぎたけど・・・^^;
読み応えがありましたよね♪
ほんとそのまま映画になりそう。

makikoさん☆

こんにちわ。コメントありがとうございます。

> 私も最初はなかなか進まなかったんですが、
> 途中から夢中でした。

 やっぱり同じですか?
 私も最初だけ読んだ時には
 「これのどこが面白いのか?」と疑問に思った程でしたw
 でも、途中からは・・・・

> 読み応えがありましたよね♪
> ほんとそのまま映画になりそう。
 
 読み応え充分の一冊でしたよね。
 映画になったら是非、観てみたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。