プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
399位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
232位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

山の上、ぽつんと現れた賑やかな郵便局。
「これは魔法の鼎なのです」「大奥様がくるわよーっ!」
「物に尊敬語を使うな!」「バイバイ、おにーちゃん」
アルバイトをはじめたアズサ。得意なことは、“探し物”。
「ここから冥界に行くのよぉ」「あたしを、殺すなんて」
「殺人という負債はなかったわよ」
「狗山比売は、登天郵便局の宿敵なのです」平穏な日々が
徐々に翳り、『みんな、忘れてしまえ』―絶体絶命の、危機。
ようこそ、登天郵便局へ。

*****************************************************

死者が冥界に行くために通る郵便局。
郵便局というだけあって、冥界からの
手紙を預かったり、預けたり。

設定は物凄く魅力あるんだよねぇ~。
この設定があったから惹かれて
読んでみようと思ったんだけど
確かに、不思議や不思議なお話。

しかし、それがどうしたって感じ。
主人公が探し物が得意なのは分かったけれど
それも、そんなに物語の中で重要じゃないような気がするし
ミステリー的な部分も中途半端というか
とってつけたような気がするし。。

さらさら~と読めるんだけど
読んだ後、何も残らない。

ファンタジーにするか
ミステリーにするのか
ハッキリとメインを決めて
書いてくれれば、また感想も
違ったと思うんだけど
なんとも、残念。

★★☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 堀川アサコ ミステリー ファンタジー

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。