プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
482位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

俺、新井和也。家は商店街によくある町のクリーニング屋さ。
新井と洗いをかけた「アライクリーニング店」が屋号。
大学卒業をひかえたある日、親父が急死した。就職も
決まっていない俺は、しかたなく家業を継ぐことに。目下のところ
クリーニング品の集荷が、俺の主な仕事。毎日、お得意さんの家を
訪ねては、衣類を預かってくるというわけ。ところが
あるお得意さんから預かった衣類は…。

******************************************************

集荷した衣類からヒントを得て
日常の謎を解いていくミステリー。
軽いミステリーなのでもちろん「殺人」はなし。
そして、「人情系」もプラスされている。

まず、クリーニング屋という舞台設定が面白い。
後書きに「クリーニング屋は個人情報を知る事が出来る」と
書いてある、なるほどなぁと納得。

このクリーニング屋を舞台にした事で
この本はより一層、魅力を増してるんじゃないかな。
これが普通の探偵事務所だったりしたら??

クリーニング屋を継ぐ事によって
今まで関わってこなかった自分の商店街
地域と関わりを持っていくことになる和也。
そこには、今まで感じる事も考えた事もなかった
謎があり人情がありそれに触れる事によって
和也は少しずつ成長していく。
謎は和也だけでは解けず、ホームズ役として
友人、沢田が登場する。
この沢田もいい味を出してるんだよね。
和也と沢田の友情がどのように繋がっていくのか?
というところも読み応えがある。


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。



この本にはたくさんいい文章が出てくる。

~愛されていたという記憶さえあれば、
 人は一人になても生きていける。
 大切になった命だとわかっていれば、
 暗い道で迷うこともない。~

この文章では思わず泣きそうに。。

それから、

~お前は負けてないし、あいつらは勝ってない。~
  
 初めての経験にちょっと舞い上がってるだけの
 ただのダチだ。そして俺たちは違う経験をしつつある
 ただのあいつらのダチだ。それを色眼鏡で見んなよ。~

和也が就職が決まった友人と自分を比べて
ひがみっぽくなりつつある時に沢田が言った言葉。

分かる。とてもよく分かる。
つい、自分と友達を比べてしまいがち。
「友達」は「友達」なんだよね。
でも、理屈では分かっているけれど感情を
コントロールするのは難しい。。

和也みたいすっきり割り切れるようになれたらいいな。

「切れない糸」
このタイトルの意味が読んでいてもずぅーと分からなかった。
けれど、最後の最後で分かった。

ああ、なるほどなぁって。

~離れていても、遠い気はしない。
 「ここにいてくれたらな」と思うことはあっても、
 寂しくはない。 一人でいても、一人じゃない。
 糸は確かに、繋がっているから。~

読み終わった後、安心感に包まれるというか
ほっと温かい気持ちになれる。
素敵な文章も上記の他に多々出てくるので
是非、読んでみて欲しい。

★★★★+☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 坂木司 ミステリー

コメント

No title

こんばんわ。TBありがとうございました。
遅くなりましたが、お返しします♪
素敵な作品でした。
言葉一つ一つに重みがあって、はっとさせられます。
和也はとってもいい子で、沢田もなぞですけどいい奴で。
続編が出てほしいです。

苗坊さん☆

> 素敵な作品でした。

 とても、良かった作品でしたね。
 この2人の関係がとても素敵でした。
 続編は私も希望です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2009/09/15 23:14 | 苗坊の徒然日記 | 切れない糸 坂木司 切れない糸 (創元推理文庫) オススメ! 東京の商店街育ちの新井和也は、大学卒業を間近にした冬、家族の危機に直面する。 そこで急遽、就職の決まっていない和也が家業のアライクリーニング店を継ぐことに。 同級生達の新しい門出に沸く春、不慣れなクリーニングの集

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。