プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
318位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

サンフランシスコで日本人女子大生・霜村瑠衣が失踪し、日本から
駆けつけた父親の立ち会いのもと、アパートの捜索が行われた。
外務省邦人保護担当領事・黒田康作も現場に立ち会ったが、当の父親は
娘の失踪理由を知っていて隠している様子が窺われる。瑠衣の容疑は
単なる窃盗ではなく、テロ準備罪?!黒田が調べていくうちに、彼女の
周囲には、日系ボリビア人や謎の日本人フリージャーナリストを
はじめとする不審な人物の影がちらついていて、何人かの死亡者まで
いることが判明。ついに失踪事件の背後に隠されていた真実に
辿り着いたとき、その重さに、黒田は愕然とする。国益を優先すべきか
邦人の命を守るべきか、黒田の苦悩はつきない。

*****************************************************

最初か最後まで
「黒田」=「織田裕二」だったわw

さて、感想。
一体、どこまで大きく広げるのぉって感じ。
読み進むたびに謎が広がってく。
次から次へと、色々な人物が登場し
途中から、誰だっけ?となる部分も。。
まぁ、これは私の記憶力の問題か?苦笑

そして、専門用語?というか
専門知識というかそういう説明や単語が
たくさん出てくるから、すんなり
文章が頭に入ってこず、読みにくかった。
外交官が主人公だから仕方ないのかもしれないけど。。

ラストも、それが動機?
それは、ちょっとって感じだったし。
うーん。これは本で物語を読むより
映像で見た方がきっとすんなり入っていけるんじゃないかな。

というわけで★の数は少なめ。

★★+☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 真保裕一 ミステリー シリーズ物 ドラマ化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。