プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
482位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
****************************************************

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。
絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された
新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには
病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に
残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。
不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省の
はぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。

*****************************************************

前作の「イノセント・ゲリラの祝祭」より面白かった。
前作は、医療においての問題提起が中心の本だったけど
今回はちゃんと(?)ミステリーになってたw

まぁ、犯人は分かってたからサスペンスの部類になるのかな?

時系列が少し前後したけど、分かりやすく読みやすかった。

バチスタと同じく、「行灯」田口医師と
「火食い鳥」白鳥のコンビが中心となっている。
前作で問題になっていた。
やっぱり、この2人のコンビはこうでなくっちゃと
思える動きに会話。
最初から最後まで楽しく読めた。

犯人を追いつめる白鳥の理路整然とした説明も
分かりやすく、すっきりとした爽快感さえあった。

今後続くので、全部が全部解明とはいかなかったけれど
だからこそ、次回作が楽しみ。


「廻天」うまい作戦名をつけたもんだわ。

★★★★☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 海堂尊 ミステリー サスペンス シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。