プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
330位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸涙鬼

****************************************************

満月の夜、屋上庭園で意識を失ったところを冬馬に助けられた
美紗は、翌日彼のコテージを訪ね、二十歳で死ぬ病気に
罹っていることを冬馬に告白する。次第に体が弱り病室の
ベッドに伏せる美紗のもとを訪ねる冬馬。彼は美紗の病気を治すという――
二人触れ合って、ともに生を願うという方法で。
冬馬は悲しみの涙を吸い、生きるために願う。夜を徹して続く
妖しく甘美な治療。美紗と冬馬の愛は至上の高みに昇りつめる。
実は異能をもつ冬馬は、涙をすって生きる吸涙鬼の一族だった・・・。

*****************************************************

うーん。。。。
久しぶりに読んだ市川拓司作品。
彼らしい文章とスタイルで物語は進んでいく。。

静かに静かに、とても静かに
そして、切なく哀しく・・・

いいんだけど、物足りない。
分かる人には分かる物語なのかもしれなけれど
私には「だからなに?」って感じで。。

今まで読んだ作品は結構、私的に高評価だったんだけど
これは、ちょっと。。。


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。


何が気に食わないってそれは・・・
お互いがお互いを必要としながら
なぜ別れるのか?って事なんだよね。

そりゃ、色々な障害があって
難しいからだろうって事なんだけど
これだけ求めあってたら、そんなすんなり
納得して別れないのでは?と。

市川作品らしいって言われれば
それまでかもしれなけれど
ラストのラストが納得いかない。

私としては、「それは違うでしょ~」って
思ってしまう。

ので☆の数は少なめ。

★★+☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 市川拓司 ファンタジー 恋愛

コメント

No title

こんばんは。

そうなんですよね。
すごくらしい物語なんだけど、辛くても一緒にいる道を選んで欲しかった。

ななさん☆

> そうなんですよね。
> すごくらしい物語なんだけど、辛くても一緒にいる道を選んで欲しかった。

 こんにちわ。まったくの同意見です。
 貫いてこそ・・って感じです。

No title

なんだかイマイチでしたよね。
私の大好きな映画【トワイライト】に設定が似ていて、別物というのは分かってますけど、ええ、こうじゃないでしょ、とか無性に気分悪かったです。(爆)

うまくテーマが伝わってこない作品でした。

じゃじゃままさん☆

> なんだかイマイチでしたよね。

 そうなんです。
 私も最近「トワイライト」を読み始めたんですけど
 設定が本当に似てましたよね。
 最後まで何が言いたかったのか分からない作品でした。
 残念です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2011/02/17 20:59 | ナナメモ | 「吸涙鬼ーLovers of Tears」市川拓司 JUGEMテーマ:読書 満月の夜、屋上庭園で意識を失ったところを冬馬に助けられた美紗は、翌日彼 のコテージを訪ねた。美紗は二十歳で死ぬ病気に罹っていることを冬馬に告白する。 次第に体が弱り病室のベッドに伏せる美紗のもとを訪ねる冬馬。彼は美紗の病 気を治すとい...

2011/02/27 16:26 | じゃじゃままブックレビュー | 吸涙鬼-Lovers of Tears 市川拓司著。 ≪★☆≫ 体が弱くて二十歳まで生きられないと言われてきた「私」。母がそうだったように、この宿命からは逃れられない。 そんな「私」が、町にやって来た美少年の転校生と出会い、大きく運命を変えていく。 まるで【トワイライト】か???って思ってしまった。 違うの…

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。