プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
389位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***************************************************

君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、
ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。
小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という
6歳の息子がいる。叶夢には、レイモンドという天使の友達が
いるらしい。ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し
叶夢は「ここ、はやらないよ」「レイモンドがそう言ってる」と口にし
小麦、代二郎夫妻を戸惑わせる。しかし、結果は叶夢の言うとおりに…。
さらに、帰京した小麦には家族にも明かせない秘密があった。
君川家の人々は様々な困難を乗り越えながら、
ケーキショップの再起を目指す。

****************************************************

評判が良かったので読むことにしたんだけど・・
うーん。これって。。
持ち上げ過ぎの評判なのでは?

読み終わっても、なんとも言えない中途半端さだけが残る。

辛口コメントを承知で書かせて頂きます・・・・

結局、何が言いたかったのか?
小麦がケーキショップを成功させる物語を書きたかったのか
叶夢の天使との交流を書きたかったのか?

私としては、小麦のケーキショップ成功までの道のりと
彼女を支える家族の物語で終わらせておけば良かったのにと思う。
それなのに、天使の話を入れたものだから
小麦の話も叶夢と天使の交流の話も、どちらも
どっちつかずの中途半端で、結局、どうしたかったの?と言わざるを得ない。

なので、誰にも感情移入も出来ず
ただ、淡々と読んでるだけの状態だったかも。
ラストも急な展開で
えっ!?これで片付けるの?って感じだったし。。

うーん。評判が高い理由が分からない・・・

★+☆☆☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 雫井脩介 ファンタジー 家族愛

コメント

No title

私も読んだよ。確かに何が言いたいんだい?って感じだったかも。

そうそう、有川浩の「ストーリーセラー」を早く読んで
感想を聞かせてくださいな。
な~んか気になる終わり方でひっかかってるんだよね~。

Rin♪

> 私も読んだよ。確かに何が言いたいんだい?って感じだったかも。

 やっぱり?良かった。私だけかと思ったよ。

> そうそう、有川浩の「ストーリーセラー」を早く読んで
> 感想を聞かせてくださいな。
> な~んか気になる終わり方でひっかかってるんだよね~。

 読もうかなぁと思って、本屋で何度か手にとってはいるんだけど
 なぜか、気がすすまないんだよね。
 図書館で順番待ちして読む予定・・・

 読んだら、感想は必ずブログにupするから待っててね~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。