プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
489位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

「もしあの時、進む方向を変えなければ・・・。」
一瞬の判断がその後の一太郎の運命を変えた。
屏風のぞきが行方不明になった原因は自分に
あると思った一太郎は、屏風のぞきを見つけ出すために
評判の事触れに会いに行くとこにした。
そこで起こった出来事とは・・・。

*****************************************************

短編集なんだけど、それが全て繋がり
1つの長編になっている物語。

人生って大なり小なり、何らかの
選択をしながら生きていると思う。
それをテーマにした作品。

今まで生きてきた時間の中で
全く後悔をしなかった人って居るのかな?
少なくとも、私は
「あの時、あっちを選んでおけば良かった」とか
「なんで、あんな事をしたんだろう」とか
なんて、色々な後悔はある。
今さら後悔してもなんだけど・・・・

今回の物語は時間を遡っていく構成になっているので
最初の物語を読んだ時は「??」状態だった。
まあ、読んでいく内に、少しずつ理解していくのだけど。。

第1章は、切なくて切なくて、もう本当に切ない。
一太郎の哀しみや後悔の大きさがうまく表現されていて・・・

右か左か、左か右か。
人は自分でも気付かない内に、大きな人生の選択をしてるのかもしれない。
どちらを選択するにしても、出会いもあれば別れもあり
そして、失うものもあれば、得るものもある。

読み応えのある一冊になっている。お勧め♪

★★★★★




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 畠中惠 ミステリー ファンタジー シリーズ物 ドラマ化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。