プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
318位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
**************************************************

13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。
陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。
破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。
なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。
生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を
読み解かなければならない!張りめぐらされた壮大なトリック。
論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。
“奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、
東野圭吾エンターテインメントの最高傑作!

***************************************************

「最高傑作!」の文字を見てつい、衝動買いw
衝動買いした割には、やっと読んだ。。。
こんな事なら、図書館で良かったかも。。苦笑

さて、感想。

いやぁ、面白かった!!
もう、最初から最後まで一気読み。
時間を忘れて読んだ。

物語紹介を見た時には、ちょっと小難しいのかな?と
思ったけれど、全然そんな事はなく、とても読みやすかった。
どんどん、どんどん、物語の世界に惹きこまれていき
先が気になって読む手が止まらなかった。

ラストも「そっかぁ~、そうなんだ」って納得出来たし。

ただ、どこかの作品紹介に
「世界が変われば善悪も変わる」という文面があったけど
これは、全然、この作品の中でいきてないなぁと。
この事を表現するには、ドロドロさが足りなかったと思う。

でも、だからこそ、私の場合、さっぱりとした
小気味良い読後感だったんだろうけど。。。

映画化になったら面白そう♪

★★★★+☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 東野圭吾 ヒューマンドラマ

コメント

東野さん・・・

お久しぶりです!
肺炎で入院されていたとは・・・もう全快されましたか?
東野さんの作品と言えば、わたし今日「新参者」読んだばかりなんですが、こちらはイマイチでした。
最近桜庭一樹さんの作品が結構気に入ってます。
ではおやすみなさい(´^ω^`)ノ

mahinaさん☆

> お久しぶりです!
> 肺炎で入院されていたとは・・・もう全快されましたか?

 お久しぶりです。全快しましたぁ~。
 今となっては、あののんびりした入院生活が
 懐かしいと思うくらい、日々、何かに追われています。

> 東野さんの作品と言えば、わたし今日「新参者」読んだばかりなんですが、こちらはイマイチでした。

 「新参者」は私も読みました。
 阿部寛主演でドラマにもなりましたよね。

> 最近桜庭一樹さんの作品が結構気に入ってます。

 桜庭一樹さんは名前は聞いた事があります。
 でも、まだ未読だったような。。 
 何か、お勧めがあったらまた、教えてくださいね。

No title

こんばんは^^
ゆきさんの記事を以前拝見していたのですが、私の感想があんまりだったので、申し訳ないなと思い、カキコしていませんでした^^;
最後の2人の出会いが、救いだったと思います。
世界の中で、上司と部下のあの2人がイライラしましたけど、あんな窮地に追いやられたら、1番正しい反応なのかなとも思いました。

苗坊さん☆

> こんばんは^^
> ゆきさんの記事を以前拝見していたのですが、私の感想があんまりだったので、申し訳ないなと思い、カキコしていませんでした^^;

 そうなんですか?
 感想は人それぞれですから、
 そんな「申し訳ない」なんて思わないでTBなどして頂けると嬉しいです。

> 世界の中で、上司と部下のあの2人がイライラしましたけど、
 あんな窮地に追いやられたら、1番正しい反応なのかなとも思いました。

 最低な2人でしたよね。
 でも、確かにあの2人の反応が一番正常なのかも。
 現実になったら、私もああいう醜い部分が出そうです。苦笑

No title

こんにちは。RYOJIです。
面白かったですね。描写力がすごいなと思いました。
ちょっと東野さんっぽくない作品でしたけど。
僕はラストに関してはもうちょっと幸せな結末を用意してくれてもよかったのになぁと思ってしまいました。
映像化になったら確かに面白そうですね!

RYOJIさん☆

> こんにちは。RYOJIです。
> 面白かったですね。描写力がすごいなと思いました。
> ちょっと東野さんっぽくない作品でしたけど。

 そうなんです。東野さんにしては
 珍しい作風でしたよね。こういう本も書けるんだなぁと。
 多才な方ですよね

> 僕はラストに関してはもうちょっと幸せな結末を
 用意してくれてもよかったのになぁと思ってしまいました。

 そういう考えもありますよね。
 私は、読みながら、全員が無事なはずはないだろうなぁと
 思いながら読んでいたので
 このラストにも納得がいきました。
 
 次の東野作品が楽しみです♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2010/11/10 18:59 | +++ こんな一冊 +++ | パラドックス13*東野圭吾 パラドックス13(2009/04/15)東野 圭吾商品詳細を見る 「世界が変われば善悪も変わる。 人殺しが善になることもある。 これはそういうお話です」東野圭吾 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13 時13...

2010/11/10 20:13 | 新・たこの感想文 | (書評)パラドックス13 著者:東野圭吾 パラドックス13(2009/04/15)東野 圭吾商品詳細を見る 3月13日、13時13分。何かがある、と言われながら、事件捜査に当たっていた警察官の冬樹は、犯人との格闘中にその時を迎える...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。