プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
360位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の
帰りに、未成年の少年グループによって蹂躪された末の遺棄だった。
謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように
娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する
父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。
世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える―。

*****************************************************

映画化にもなった話題作。

読もうかなぁと思いつつ
テーマが「少年犯罪」と分かっていたので
なかなか読む気になれず・・・
しかし、映画化になった事もあり
やっと手を伸ばした。。

読み終わった感想は・・・・

何とも悪い読後感。
全く救いがないよね。
せめて何らかの形で救いが
欲しかったというのが正直なところ。。

この読後感もテーマが
「少年犯罪」だから仕方ないのか?

この作品、加害者側からの視点はほとんどなく
被害者の父親を視点に物語が進められていく。

被害者の父親が取った行動。。
もし、自分の子供が突然、誰かの手によって
残虐に命を奪われてしまったら・・・

手段と方法が目の前に提示されていたら
私も彼と同じ行動を取らないとは言いきれないと思う。

理性では、警察に任せ、裁判に委ねるべきと分かっていたとしても。。

と思うと同時に、私の子供がもし加害者になってしまったら?
という事も読みながら考えてしまった。

加害者になった場合は、物語に出てきた親達のように
自分の子供を庇い、やっぱり更生を願うのだろうなぁ。

色々、こんな事を考えたらキリがなく自分の子供には
誰かを傷つけるのでも、誰かに傷つけられるのでもなく
無事、人生を全うして欲しいと最終的に思ってしまった訳で・・・

「少年犯罪」って、被害者側・加害者側
どちらからみても不幸な事だと思う。

このテーマの本って、どんな本を読んでも重いと実感。

★★★+☆☆





励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 東野圭吾 サスペンス 映画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。