プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
352位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

あなたの言葉を、待ってる人がいます―結婚と仕事の間で苦悩する
ラジオ・パーソナリティ。シングルマザーの道を選んだ女性。今の
自分に納得がいかず、しかし一歩が踏み出せないショップ店員。
高校卒業を控え、進路に悩む少年。ある出来事がきっかけで、笑う事を
忘れてしまった男性。親友に裏切られ、未来ではなく、「今」を楽しく
生きることに決めた女…。小説内で苦悩する登場人物たち、それは
もしかしたら「未来」のあなたの姿かもしれない。

*****************************************************

久しぶりに新堂作品を読んで泣いたかも。。

物語は淡々と静かに進行していく。
また、その静かさがこの物語をより一層
魅力的な物にしてるように感じる。

ラジオ・パーソナリティの主人公を軸に
色々な人物が登場してくる訳だけど
各々が色々な思いを抱えて、生きている。
その人物描写や思いも丁寧に書かれていて
共感出来る部分も多々あり物語に入りやすかった。

「伝える」という事がこの本の大きな
テーマなんだけどその手段を「手紙」という形で行おうとしている。

「手紙」ってやっぱり、「メール」とは違った温かみがあるよね。
改めて、この本を読んで実感した。

ラストには登場人物がすべて、何らかの形で繋がっているという
まぁ、強引な部分もあるけれど、読み終わった後は
爽やかな読後感が残る本になっている。

★★★★+☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 新堂冬樹 映画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。