プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
389位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

江戸・深川の長屋を舞台に同心の井筒平四郎が、大商人の
湊屋総右衛門の17年に及ぶ遠大な計画を暴いていく。それまで何事も
なかった平和な長屋に、ある夜、寝たきりの父親を持つ兄妹の家に
殺し屋が押し入り兄を殺害するという事件が起こる。
この事件を皮切りに、次々と長屋の店子たちに不幸が襲いかかり、順番に
長屋を離れていく。長屋の大家である湊屋が店子をこっそりと追い出そうと
しているという企みに井筒が気づき、仲間の岡っ引きらの手を借りて
真相を究明する。

*****************************************************

なぜか、また急に読みたくなって再読。
前回は、続きが気になって気になって
読み急ぐ部分があったけれど
今回はゆっくりじっくり読む事が出来た。

やっぱり、再度読んでも面白い。

前回の感想にも書いたけれど
人物描写が見事。
主人公の井筒平四朗や
彼を囲む鉄瓶長屋の面々。
誰もが魅力的で実際に会ってみたくなる。

読み始めは短編かと思うけれど
読み進めてくうちに全部の物語が
繋がってると気付く。またその繋がり方が見事で。。

「500ページを超える大作だが一気に読み進むことができる」
と作品紹介にあるが、本当にその通りだと思う。

お勧めの一冊♪

★★★★★




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき ミステリー シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。