プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
278位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************************************
名門進学校で一流大学の医学部合格の太鼓判を押されている
桂木涼子がある日始めた“悪魔の実験”。それは、人知れず最愛の
母親に劇薬タリウムを飲ませることだった…。

******************************************************

久しぶりの新堂冬樹作品。
何の前知識もなく読み始めた
作品なんだけどなんとも恐ろしいというか。。。

この主人公、淡々と母親殺しを
実行するんだよねぇ。。
迷いがあるようでないというか。。

少女の心情があまりにもリアルに
書かれてて本当に怖い。
殺伐としすぎていて悲しいを
通り越してしまっている状況。
なので、きっと普通の読者には
絶対、感情移入なんて出来ないと思う。

少女の心情はとてもよく書かれていて
良かったと思うんだけど動機が
いまひとつのような気がする。

「愛犬の安楽死」から事は
発端するんだけどそれだけで、
そこまでの考えにいきつくもんかな??って。

まぁ、少女の性格がこうなんだって
言われればおしまいなんだけど・・・

ラストも正直、少し拍子抜け。
無難にまとめたというか、ここまで
引っ張ってきて少女のそのセリフは
ないんじゃない?と思ってしまった。

なんとも微妙な本になったかな。

読んで楽しい本ではないので
気分が落込んでる時やブルーな時は避けるべし。

★+☆☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 新堂冬樹

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。