プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
352位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕それは史上最悪の
犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。
比類なき知能犯に挑む第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。
そして被害者宅やテレビの生放送に向け不適な挑発を続ける犯人――。
が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、
「殺人の記録」が発見される事件は解決するかに見えたがそこに、
一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。
死んだ男の正体は? 少年と老人が辿り着いた意外な結末とは?

********************************************************

本屋でトピックを見て衝動買いした1冊。

まさか、こんなに当たりの本だったとは驚き。

上・下巻2冊の分厚い本だが
その分厚さが全く気にならず
ラストに近づくにつれて、
「もう終わるのかぁ」と寂しくなった。

1人1人の自分物描写が
こと細かく書かれ読む側としても
一時も気が抜けない。

それだけに読み終わった後の
充実感もひとしお☆

睡眠時間を削ってまで読みたくなる本。

★★★★★

 
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき ミステリー 映画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。