プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
325位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************************************

走った。ひたすらに走りつづけた。いつしか写真家としての
キャリアと名声を手にしていた。情熱あふれた時代が過ぎ去った今、
喜多川は記憶のフィルムをゆっくり巻き戻す。愛しあった
女性カメラマンを失った40代。先輩たちと腕を競っていた30代。
病床の少女の撮影で成長を遂げた20代。そして、学生時代と
決別したあの日。夢を追いかけた季節が胸を焦がす思いとともに、
甦る。----

*******************************************************

全部で5章まであり
現在から過去へ遡っていくのだが
一章ごとにしっかりとしかけがあり
読み応え十分なものとなっている。

それにしても驚かされるのが
この作者の専門知識の深さ。

今回はカメラマンの話なのだが
カメラについて詳しくかかれている。

以前、「奪取」を読んだ時にも下
調べの深さにビックリした。

私の中で、お勧めの1冊とまではいかないが
読んで充分楽しめる本だと思う。

★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 真保裕一

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。