プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
355位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

昭和51年、カメラ、OA機器メーカー・リカードの開発事業部長
生駒洋一郎が43年に起きた息子慎吾の誘拐事件の手記を残して
病死した。昭和63年、リカードの武藤社長の孫・葛原兼介が
誘拐された。しかも、パソコン通信を使って。犯人からの要求は
10億円のダイヤの原石。そして、運搬役に指定されたのは
リカードに入社していた生駒慎吾だったのだ。

*******************************************************

本屋さんで衝動買いした1冊。

「面白かった!!」
この一言につきるのではないだろうか。
続きが気になって食欲を忘れさせる程の魅力。

最後まで、どうなるんだろうと
思いつつ手に汗握って読んだ本。

ミステリーとアクションの
両方が楽しめる作品になっている。

この本、88年に書かれているが
全く古臭さを感じることはない。
それだけ描写が素晴らしいということか。

この作者の本はこれがが
初めて読んだ本だったが是非違う本も
読んでみたいと思った。

★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 岡嶋二人 ミステリー アクション

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。