プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
274位
アクセスランキングを見る>>

******************************************************

嵐の晩だった。雑誌記者の高坂昭吾は車で東京に向かう道すがら道端で
自転車をパンクさせ立ち往生していた少年を拾った。何となく不思議なところが
あるその少年稲村慎司は言った。「僕は超常能力者なんだ」。その言葉を
証明するかのように、二人が走行中に遭遇した死亡事故の真相を語り始めた。
それが全ての始まりだったのだ…

********************************************************

人の心が読める超能力者が
主人公のストーリー。

私などは超能力と聞くと憧れる部分が
あるけれど現実にもし自分が持っていたら。。。

この本を読んでいると色々な事を考えさせられる。
同じように超能力を持った青年が
主人公の他にも出てくるのだけど
この2人の超能力に対する思いや
考え方が違いその結果、哀しく切ない事になる。

「超能力を持っている」というのも
辛く哀しいものがあるのかもしれない。

★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき サスペンス

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |