プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
285位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

江戸・深川の長屋を舞台に同心の井筒平四郎が大商人の湊屋
総右衛門の17年に及ぶ遠大な計画を暴いていく。それまで何事も
なかった平和な長屋に、ある夜寝たきりの父親を持つ兄妹の家に殺し屋が
押し入り兄を殺害するという事件が起こる。この事件を皮切りに、次々と
長屋の店子たちに不幸が襲いかかり、順番に長屋を離れていく。長屋の
大家である湊屋が店子をこっそりと追い出そうとしているという企みに井筒が
気づき仲間の岡っ引きらの手を借りて真相を究明する。

******************************************************

宮部みゆきが「ぼんくら」の続刊
日暮らし」を発売する時に新聞に
コメントを掲載していてそれを読んだのが
この本を読むきっかけになった。

まず、同じ主人公で根にある
仕掛け(?)というか舞台が
同じものを3部作で出すという事で
強く興味を惹かれた私。
ただ単の続き物でなく、それぞれの
タイトルにあったミステリーが隠されている。

相変わらずの人物描写と最後の
仕掛けには大満足で「ぼんくら」を
読み終わった後その足で
「日暮らし」を買いに行った程。

★★★★★

 
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき ミステリー シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。