プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
248位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白

******************************************************

「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に
殺されたのです」 わが子を亡くした女性教師が、終業式のHRで
犯人である2人の少年を自ら裁いた-。

*******************************************************

 第29回小説推理新人賞を受賞し選考委員全員を唸らせた
 新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力。

こうも魅力的な紹介文が新聞広告に
どぉーんと大きく掲載されてたもんだから
気になって図書館で早速借りた。

全6章からなる本で1つの事件を
軸にわが子を殺された先生の
告白から始まりモノローグ形式で、
級友・犯人・犯人の家族が語り、
真相に迫っていく。

この本の最大の特徴は
会話形式の一本調子で
文面が続いていくこと。

読み始めは「珍しいなぁ」と思うと同時に
「ちょっと読みにくいかな」と感じたが
そんな思いもすぐに弾き飛ばされる程の
吸引力がこの本にはあり次から次へと
ページを捲っていた。

「怖い」というか「ぞくぞくする」というか
なんとも言えない衝撃を読みながら受けた。

各章ごとに、大小係わらず
どんでん返しがあり、読者の
意表を見事についてくる。

出てくる登場人物の負の
感情といった心理描写や
集団心理の描写も見事としか言いようがない。

ラスト、どう治めるのかと思いきや
またまた衝撃のラストで・

読後感は、爽やかとは言えないけれど
「ずん!」と心に残る一冊という事は確か。

これがデビュー作なんて驚き。

次の作品にも期待したい。
未読の人にはお勧めの一冊。

★★★★★




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 湊かなえ ミステリー

コメント

No title

こんばんわ。
いまさら読みました。
語り手が変わるたびにその内容に驚いたり、恐ろしくなったり、
読み始めたら止まらなくなってしまいました。
あまりにも救いがなくて、読み終えた後、心にずっしりとしたものが残っています。
湊さんの他の作品も読んでいこうと思います。

juneさん☆

> 語り手が変わるたびにその内容に驚いたり、恐ろしくなったり、
> 読み始めたら止まらなくなってしまいました。

 私も同じです。
 もぉ、次が気になって。気になって。
 湊さんの新作も出てますよね。
 私も機会を見つけて読みたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2010/01/24 21:04 | 本のある生活 | 「告白」湊かなえ 告白クチコミを見る 話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。 読んでみてその人気も納得。おもしろくて読み始めたら止まらなくなってしまいました。いえ、おもし...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。