プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
285位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻夜

*****************************************************

1995年、西宮。父の通夜の翌朝起きた未曾有の大地震。狂騒の中、
男と女は出会った。美しく冷徹なヒロインと彼女の意のままに動く男。
女の過去に疑念を持つ刑事。

******************************************************

白夜行」の続編という事で期待して
読んだのだが全然違う話だった。

続編というよりは同じパターンの
ストーリーと言った方が正確のように思う。
それだけに、「白夜行」のインパクトが
強烈すぎて「幻夜」の方が劣る感じがする。

つまらないという訳ではない。
中だるみする部分もあるがラストに
近づくにつれ読むスピードはアップする。

「幻夜」は「白夜行」より悪女ぶりが
パワーアップしてるように感じるだけに
ある意味、ラストは後味が少し悪いように思った。

しかし「白夜行」を読んだ人には
比べる意味でもお勧めの1冊。

★★★+☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 東野圭吾 サスペンス

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。