プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
352位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************************************

主人公の城所安男は、自分の会社をつぶしてしまいいまや別れた
妻子への仕送りもままならぬほど落ちぶれた中年男。ある日、心臓病で
入院する母を見舞った安男は、主治医から病状の深刻さを告げられ
愕然とする。そのまま治療を続けても母の余命はごくわずか。残された道は
ただひとつ、謎の天才外科医にバイパス手術を施してもらうこと。衰弱した
母をワゴン車に乗せた安男は房総のひなびた漁村にあるカトリック系
病院目指して100マイルの道のりをひた走る。はたしてその先に奇跡は
待っているのか――。

********************************************************

思わず涙する物語。

お金がある時には気づかないもの。
お金がなくなってから初めて気づくもの。
最初から自分の周りにあったはずなのに。。
人間というのは。。

「やりすぎ」という感想もあるようだが
それは確かにと思う部分も。
最初から「泣かせよう」とする意志が感じられる。
しかし、その策略にしっかりはまってしまう自分がいる。

何度読んでも同じ場面で涙してしまう。
それだけ、感情移入しやすくなってるように思う。
「幸せはお金で買える」この言葉が重い。。

★★★★☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 浅田次郎 家族

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。