プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
248位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
******************************************************

大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。
入社早々、販売会議でトラブルを起こしリストラ要員収容所と
恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に
奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。
ハードな日々を生きる彼の奮闘を神様は見てくれているやいなや…。

*******************************************************

お客様相談室という舞台が
設定にもかかわらずコミカルに
書かれているし登場人物も
一癖も二癖もある人ばかり。

「お客様相談室」=「クレーム専門」
なのだがその大変さや悲壮感と
いったものはなく楽しく読める。

ページをめくるたびに、
「お客様相談室」で成長していく
主人公の姿が見られる。

神様というのは、会社にとっての
神様と主人公にとっての神様
ということで2つの意味がある。

主人公にとっての神様が言う事は
とても理解でき納得がいく言葉が多い。

この本は「会社勤め」と「彼女との別れ」が
テーマのようでテーマが2つあることで
物語の幅を多く出している。

会社勤めをした事がある人は
共感する部分が多く、楽しく
読める作品になってると思う。

ラスト、爽やかにさっぱりと
仕上げてあるのも良い。

お疲れ気味の時にお勧め。

★★★★☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 荻原浩 映画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。