プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
389位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。
どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も
登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を
追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を
思い出す。しかし8人は死んだ級友(クラスメート)の名前が
思い出せない。死んだのは誰!?

******************************************************

上・中・下の3冊からなる長編。
上巻は、作品内容紹介といった感じで半分くらいまで
使っている。さすがにこの部分はもういいかなとたるんだかな。
しかし、これを過ぎて事が動いてしまえば
知らない内に物語に引き込まれ
上巻を読み終われば自然と中巻という具合に手が伸びていた。
最後まで一気読み。
私にとってミステリー&プチホラーといった本だった。

出てくる8人の高校生。
そのキャラ設定は定番といえば定番だけど
それだけに、想像しやすかった。
ヒロインはあまりにも弱弱しい感じがしたけど
それもあの世界だからと言われれば納得がいくかな。
8人それぞれの心理描写もしっかり細かく表現されていて
関係がどのように築かれていったのかも詳しく
説明されていたから、人物の視点が変わっても
混同する事なく読めた。
情景描写も綺麗で丁寧に書かれている。
それだけに、スリルがあり怖い物を感じた。
ただ、単に私がホラーが苦手だからかもしれないけれど。

「誰が自殺したのか?」
読みながら考えが二転三転した。
私の考えは半分当たって、半分外れた感じ。


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。



最初、ヒロインと作者の名前が同じってのはどうかと
正直思った。でも、読み終わってみれば
そういう事かぁと納得。
だって、作者=作る(書く)人だもんなぁ。
これはこれで納得だったけど顔写真はせめて
載せないで欲しかった。
読んでいると、どうしても思い浮かべてしまって。

そして、そして、菅原=榊にもやられた。
上巻からきちんと伏線が張ってあったにもかかわらず
先が気になって気になってしまったのが見逃した原因。
本文に「菅原榊」と出てきた時には
思わず最初の登場シーンがある上巻に戻ってしまった。

結局、私は作者の思惑通りに読んだということか。w
学園ものが好きな人にはお勧めの1冊。

★★★★+☆

 
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 辻村深月 ミステリー 青春

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。