プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
453位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
274位
アクセスランキングを見る>>

空の中

*****************************************************

200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。
「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。
「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す
大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に
救われるのは誰か。

*****************************************************

自衛隊+謎の生物+恋愛という事で
海の底」と同じパターンかな。
ラストは全く違う展開だけど。

謎の生命体を拾った瞬。
尊敬する上司を目の前で亡くした光稀。
(私も光稀は最初、男性だと思ってた。w)
この2人を軸に物語が展開していく。
それなりに面白いと思う。
それぞれの人物描写はよく魅力的だったし。

だけどのれなかったというのが正直な感想。
途中、だらけちゃったし。
ラストはラストであっさりしすぎというか
それでまとめちゃうの?って感じだったし。
もう少し、踏み込んでも良かったんじゃないかな。

読む順番を間違えたように思う。
レインツリーの国」→「海の底」→「図書館戦争」→「図書館内乱」と
逆から読んだのがまずかった。

どうしても、読んだ本と比べてしまう。

この方、後になればなるほど物語の
展開がうまくなってるんだよね。

「空の中」を最初に読んでればまた
違った感想になってたと思うんだけど。

デビュー作の「塩の街」読みたいと思ってるけど
もしかして読まない方がいいのかな?
でも、気になる。。うーむ。。

★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 有川浩 恋愛

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |