プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
524位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

身体が弱くて繊細で力もないけど、どんな事件もたちまち解決! それは
強い味方がついているから!? 健気な若だんなと妖怪たちが繰り広げる
洒落っ気たっぷりの痛快人情推理帖。

******************************************************

しゃばけ」に続くシリーズ第2弾。

「ぬしさまへ」はシリーズ1冊目と違い
6編からなる短編集になっている。
「しゃばけ」に比べると、ミステリー部分は
弱くなっていて、各キャラクターの個性を
前面に押し出している格好になっている。

人情味溢れる短編集で優しさが詰まっている。
前作よりは読みやすく感じた。

6編ある短編集の中でも気に入った物が
「空のビードロ」と「仁吉の思い人」。
どちらも思わず泣きそうになった。
「想い」って大切だなぁって。

「ぬしさまへ」から読んでも分かる事は
分かるけれど第一弾の「しゃばけ」から
読む方がより一層面白く読めると思う。

★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 畠中恵 ミステリー ファンタジー ドラマ化 シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2009/09/18 01:22 | 粋な提案 | ぬしさまへ 畠中恵 下線文きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調...

2010/01/20 12:40 | 新・たこの感想文 | (書評)ぬしさまへ 著者:畠中恵 ぬしさまへ (新潮文庫)(2005/11/26)畠中 恵商品詳細を見る 大店である長崎屋の一人息子・一太郎は、身体が弱く、周囲には過保護...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。