プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
482位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

王子様、ついに発覚! 山猿ヒロイン大混乱!
混乱のあまり現場をひっちゃかめっちゃかに!?
一方、玄田のもとには折口からの出版事情の揉め事相談が。
出るか伝家の宝刀・反則殺法!
そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?
そこで郁を待ち受けていたものは!?

*******************************************************

図書館シリーズ第3弾。
いやぁ、前作、あの状態で終わったので
気になって、気になって仕方がなかったシリーズ。

このシリーズ、後書きに書いてあったのだけど
全4冊になるようで。。
この第3弾、しっかり役目を果たしている。
シリーズの中でも山場のシーンが盛り沢山。

郁の恋愛が「憧れ」から「現実」のものに代わり
図書隊員として初の戦闘に参加。
そこで見たものは綺麗事だけの世界ではなく
現実に起こっている出来事。
郁の成長が見られる1冊になっている。
郁の他にも、柴崎、玄田隊長、小牧など
気になるキャラはてんこもりで
泣いて、笑って、怒って
ときめいてと忙しい1冊になっていた。

もちろん、この本の最大(?)のテーマである
放送禁止用語などの差別用語の問題提起もされていて
考えさせられるシリアスな部分もある。
でも、それだけに傾かないよう
あまりシリアスにならないようにされているのもさすが。

ラスト1冊。
どのような結末に持っていくのか非常に楽しみ。

★★★★+☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 有川浩 恋愛 シリーズ物 漫画化

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。