プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
360位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日も生憎の雨。
日程の関係上、この日でないと桜島に行けず。。
本当は晴れの日に行きたかった。はぁ~w(:_;)w

桜島.jpg 桜島2.jpg
桜島、行ってみるも雨と雲で頂上が見えず・・・
阿蘇山も見れなかったのに、せめて桜島くらい見たかったよ。
とりあえず、1周することに。
途中で見つけた火山灰に埋まった鳥居(写真右)。
名称は「黒神埋没鳥居」というそう。
鳥居の殆どが埋まってしまうなんて噴火の凄さが伺える。

ランチはお酢で有名な「黒酢本舗 桷志田」へ。
コーヒー以外のすべての料理にお酢が使われてるそう。
私が頂いたのは酢豚コースのランチ。

酢豚コース.jpg お酢.jpg
酢豚にお酢が入ってるのは分かるんだけど
その他の竹の子ご飯や野菜スープなどは言われないと
きっとお酢が入ってるなんて分からない。
お味の方は、体に優しいお味になってた。
美味しかったよぉ♪
店内からは外にずらっと並んだお酢の壷が見える。
すごい数。数。ここだけで7千個ちかくあるのだとか。。

ランチの後は、お酢が出来るまでのシステムを
お酢の壷を見学しながら説明してもらう事に。
希望すれば、担当の方が丁寧に案内してくれる。

お酢が出来るまで1.jpg
造り始めて2週間。麹が浮いていて臭いもお酒くさい。

お酢が出来るまで2.jpg
1年経過したもの。麹は沈み、臭いもお酢らしく。

お酢が出来るまで3.jpg
2年経過したもの。色も香りもすっかり黒酢。

丁寧に丁寧に作られているというのが分かる。
説明を聞いただけでも、物凄い手間と愛情がかかってると実感。
美味しいはずだ。
最近では、TV「ザ・ベストハウス123」でも
放送されたらしい。私は見てないんだけどね。

お酢の見学の後、急遽宮崎に向うことに。
「ここまで来たら、宮崎の地鶏を食べて帰らないとダメでしょ」
と旦那君がひと言。
「ここまで?」ってどこまで?と思ったが
まぁ、一理あると思い、宮崎へ寄る事に。
途中、温泉ですっきり、さっぱりしてから宮崎へ到着。

炭焼き.jpg 地鶏炭焼き.jpg
すっかり有名になった宮崎地鶏の炭焼き。
やっぱりこれを食べないとね。
テレビで作るところを見た事あったけど
本当に凄い火力。真っ黒こげになるんじゃないかと
こちらが心配する程。でも、そこはプロ(当たり前か。w)
炭臭いかなぁって思ったんだけど、そんな事はなく
香ばしい。食感は、程よい噛み応え。
噛めば噛む程、味が出るって感じかな。

地鶏のたたき.jpg
次に頂いたのは地鶏のたたき。
さっぱりとして、お刺身感覚で頂けた。

他に、つくね、鳥の梅しそ巻き、かまぼことエビの挟み揚げ
ヤゲン(軟骨ともも肉の焼き串)、チーズ巻きなどを頂いた。

そして、ラストに頂いたのがこれ!

地鶏雑炊.jpg
地鶏雑炊!この雑炊のうまいこと!うまいこと!
濃厚なダシにふんわりと半熟の玉子!
今まで食べた雑炊の中で間違いなく1番!!
いやぁ、この雑炊、また食べたいよぉ♪
それだけ美味しかった。

そうそう、そしてこのお店、これだけ食べて飲んだのに
めちゃくちゃリーズナブルなお値段だったんだよねぇ。
なんと、4100円のお支払い。
お味も価格も大満足のお店だった。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 旅行 国内

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。