プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
355位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

“2年前の未解決殺人事件を、再調査してほしい。
これが先生のゼミに入った本当の目的です”
臨床犯罪学者・火村英生が、過去の体験から毒々しい
オレンジ色を恐怖する教え子・貴島朱美から突然の依頼を
受けたのは、一面を朱で染めた研究室の夕焼け時だった。
二年前の未解決事件調査を開始したとたん、新たなる殺人が―。

******************************************************

題名の「朱色の研究」を見て
コナン・ドイルの「緋色の研究」を
連想したんだけど間違いではなかった。
作者の後書きに「緋色の研究」より
題名をもじったと書いてあったから。
これで、スッキリ。

さて、「46番目の密室」と同じ
火村&有栖川が活躍する推理小説。

今回は放火事件+殺人事件2件が絡み合い
「46番目の密室」同様
過去と現在を行き来しつつ物語が展開していく。
こういうパターンが得意なのか?

本の題名にも書かれている
「朱色」がキーワードにもなっている。
冒頭の素晴らしい夕焼けの描写から始まり
夕焼け恐怖症の朱美も登場し、その後も夕焼けに関する
登場人物が出てきたり景色が出てきたりする。


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。



犯人が初期段階で、火村に挑戦すべく
自分を嵌めるトリックを使うのは面白かったんだけど
その後の展開がいまひとつスッキリしない。

犯人の心理が良く分からないというか。。
彼女に「あなたを私のものにしてみせる」と
言われただけでそこまで殺意が浮かぶものなの?
まぁ、犯罪心理が分かったら分かったで
それは、怖い事だけど。。。
うーん。そんな事言われても
放っておけばいいだけだと思うんだけど。
まだ、嫉妬に駆られてとか
弱みを握られてとかの方がスッキリするというか。。
ラストの犯人を確定するシーンも急展開だったし。
でも、車の影とはね。。
そうきたか。。

★★+☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 有栖川有栖 ミステリー シリーズ物

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。