プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
572位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
337位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

30代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と
独身、子なしの「負け犬」葵。
性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのか!?

*****************************************************

女性の友情がテーマと聞き、そして人に
勧められた事もあり読んでみる気になった。

女性の友情というものをまざまざと
見せ付けられたような気がする。
「いじめ」の描写なんかはリアルすぎて怖かった。
葵と同じ立場だったら間違いなく私も
同じ行動をすると思う。
だって、自分がイジメられるのはイヤだし
1人になりたくないから。。
その1人になっても平気な強い心があれば
世の中からイジメなんてものはなくなるのだろう。

ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。



でも、十分歳を取った今、学校で1人きりになるのは
対した事ではないと分かっている。
学校という狭い範囲だけでの交流、
学生時代にはそれが延々と続くと思っちゃうんだよね。
こうした狭い範囲の中で葵のように
本当に心から相手を信頼し、また自分の心を許せる相手を
得ることは難しいけれど、とても大事な事で素敵な事だと思う。

「一人でいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも
 ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと
 出会うことのほうが、うんと大事な気が今になってするんだよね」

まさしくその通り。すっと心に染みこんできたセリフ。

女性の友情というのは、その時、その時の
年齢や環境、そして相手が置かれてる状況、自分が居る
状況によって微妙に変化していくものだと思う。
でも、本当に心を通わせた相手なら
どんな状況や環境になろうともずっと友達で居られると思いたい。

いっとき、「負け犬」「勝ち犬」という言葉が流行ったけれど
これって誰から見た場合なの?と疑問を持たざるを得なかった。
自分自身の心の持ちようだよね。
人生に勝ち負けなんてないんじゃないだろうか。

友達が自分とは違う世界に(対岸に居る)と思ってるのは
自分の思い込みであり、自分が作った距離なのではないかな?
その距離は自分の努力次第で埋められるよね。
女性を差別するのは女性なのだから。

★★★★+☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 角田光代

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。