プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
777位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
459位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おまえも一緒においで。お文のところへ連れていってやるよ」月の光の下
影踏みをして遊ぶ子供たちのなかにぽつんと現れた、ひとつの影。その正体と
悲しい因縁とは。「ぼんくら」シリーズの政五郎親分とおでこが活躍する表題作をはじめ
「三島屋」シリーズの青野利一郎と悪童3人組など人気キャラクターが勢揃い!
おぞましい話から切ない話、ちょっぴり可笑しい話まで、全6編のあやしの世界。

全編6編からなる短編集。
ばんば憑き」の改題版であることに気づかず
図書館から借りました。

読んでいる最中に、あれ??と思い
調べてみると・・・って感じ。

んー。なんだかんだと結局、全部既読のもので
復習読みになりました。
復習読みと分かりつつ、最後まで読んでしまった私。
宮部作品は、何度読んでも切なくホロリとさせられます。

が、読者としては、改題して文庫化するのは止めてほしいかも。
紛らわしいです。せめて改題するなら、新しい短編の
1本でも入れて欲しかったですね。

既読の作品ばかりだったので
★の数はこれで・・・

★+☆☆☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 宮部みゆき

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。