プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
330位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は
鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの
東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば
巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに
親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて
窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに
周囲をアッといわせる秘策に出た―。


シリーズ3作目。
楽しみにして読んだ。そして今回もすぐに読み終えてしまった。
面白い本程、長く読みたいのに
面白ければ面白い程、ページをめくる手が早くなってしまう
この矛盾が、自分で哀しい。。w

題名が「ロスジェネの逆襲」というから
いざ、対決か?と思ったらまさかの共闘。
これも、大きい敵が目の前に居たからか?

左遷させられた時はどうなることか?と思ったけれど
ここで黙ってる半沢ではない。
「やられたらやり返せ」の心意気は
例え、子会社と言えど忘れはしない。

最初から最後まで、読者の心をガッチリつかみ
最後まで、離れていくことを許さない。
スピード溢れる物語の展開と
読み終わった後のスッキリ感、爽快感は
このシリーズの醍醐味。

まだまだ、このシリーズを続けて欲しいなぁ。
これで終わりじゃないよね~w

お勧めの一冊。

★★★★★




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。