プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
584位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
355位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術である
バチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り
次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が
発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が
患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。
そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の
万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の
変人役人・白鳥だった……。

******************************************************

「このミステリーがすごい!大賞」受賞作。
いやぁ、これもやっと読む事が出来た。
最近、このセリフ多いような・・・w

この本は大きく前半、後半に分けられると思う。
前半は、バチスタ手術や医療に
関係する部分が多く専門用語が多い。
そして淡々と進む事もあり、なかなか読みづらい。
正直、何度も挫折しそうになった。

後半、白鳥が登場すると
物語の展開が早くなる。なる。
ここからは目が離せなくなり
ラストまでテンポよく一気読み。
主人公・田口と役人・白鳥の会話が絶妙で
2人揃うと個々のキャラが生きてくる。

この本はミステリーを楽しむというより
主人公はじめそれぞれの登場人物を
楽しむのがメインのように感じる。
これがデビュー作とは思えないほど
人物描写は見事。

白鳥は奥田英朗作品に出てくる
登場人物とかぶるんじゃないだろうか。

シリーズ化されてるので是非、読んでみようと思う。

★★★+☆☆

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 海堂尊 ミステリー ドラマ化 映画化

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。