プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
543位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
329位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を
崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。
男の名は秋庭少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな
人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは
浅ましく。それを見送りながら二人の中で何かが変わり始めていた。
そして―「世界とか、救ってみたいと思わない?」。そそのかすように
囁く男が、二人に運命を連れてくる。

******************************************************

とうとう、ハードカバーで出版された。
文庫版で読んでいたので読まないでおこうかと
思っていたのだが、「塩の街 その後」が
書き下ろしで入ってる事が判明。
これは読まねば。。という事で図書館で借りてきた。

本編の感想は以前の感想を参考にどうぞ。
だた、後書きにも書いてあるように
文庫本とハードカバー本では多少の違いがある。
文庫本を読まれた方でも再読すると
また新たな発見があって面白いかも。

さて、「塩の街 その後」の感想はと言うと。。
いやぁ、今回もやってくれました。
もう、読みながら秋庭にニヤニヤしっぱなし。
最初から最後まできゅんきゅんでしたね。
良かったよぉ。

ノブオが自分の甘えを知り現実に目を向け
成長していく過程もよく書かれてたように思うし
短編4本が追加されてるんだけどその内、1編は
本編でも出てきた野坂夫妻の話でこれも楽しめた。
由美の気持ちが痛い程分かる。
それを受け止める正の性格も素敵すぎるよ。

自衛隊の恋愛話を書かせたら天下一品なのでは?w
そして、そして、もう一編。
意外や意外、入江が主役の短編。
彼独特の雰囲気もここでは健在。
昔からこういう人だったのね。。みたいな。

最後のラストシーンは決まっていたと
作者が話すとおり、うん。これ以外はないなと思う。
文庫本を読んで、その後が読みたいと
思っていただけに大満足の一冊になった。

★★★★★

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 有川浩 恋愛

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。