プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
393位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*****************************************************

相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと
思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。
迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る
行政戦隊図書レンジャー! ――図書館の明日はどっちだ!?

*****************************************************

読み終わった第一の感想は
「えっ?!ここで終わり?そんな殺生な。。。」
だったりする。

だって、めちゃくちゃいいとこで
終わってるんだよね。
容赦なく「・・・To be continued」の文字。
ここで終わられたら、誰だって続きが
気になって仕方ないと思うんですけど。w

図書館戦争」に続くシリーズ第2弾。
前作は図書館の現状、つまり
「メディア良化法」なる物を説明する部分が
多く感じ、物語としてはちょっと満足感が
足りなかったけど今回は私にとって満足出来るものだった。

全体の構図としては、主要キャラ達の
サイドストーリーがメインで短編のようだったけど、
それぞれのキャラの人間像に深みが出たし、
前作以上に愛着が湧いた。

シリーズ化決定という事で、読み続ける為には
必要な1冊になってると思う。
この1冊の中で1番私が気に入った
サイドストーリーはなんと言っても小牧教官の話。

私は最初に「レインツリーの国」を
読んでたから尚更良かったのかも。

毬江の「私のことだと思っていい?」のセリフには
思わず、切なくなってしまったよ。

出版された順番は「図書館戦争
「図書館内乱」「レインツリーの国」らしいが
読む順番としては「図書館戦争
レインツリーの国」「図書館内乱」という
順番をお勧め。

その方が、「図書館内乱」に出てくる
「恋の障害」の一章は分かりやすいし
感情移入もしやすいと思う。

早く続きが出てくれないかな。

★★★★☆

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 有川浩 恋愛 シリーズ物 漫画化

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。