プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
362位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***************************************************

強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば
散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―
そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。
上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に
とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。
だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。
ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。

***************************************************




やっと読みました。ゲレンデが舞台のミステリー?
ミステリーというと悪いかな。コメディー感たっぷり。
うーん。私的に、まったくもって物足りなかったです。

「白銀ジャック」のような物を期待していただけに・・・
最初から最後まで締りがないというか。。
最後のオチも、それなの?って感じでした。
ドラマの原作向けですかね・・・

★★☆☆☆

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 東野圭吾 ミステリー

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。
一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に
目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を
言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。
お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが
彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。


シリーズ2作目。
楽しみにして読みました。

マスカレード・ホテル」を読んでから
読む事をお勧めします。

今回は新田と山岸の初々しい姿を読む事ができます。
最初はこの2人の短編ですが、最後の短編は
微妙に2人が絡んできます。間接的にですけど。
でも、今後を想像させるには十分かと。。

「仮面を守る」「仮面を暴く」
どちらの視点からもハラハラ・ドキドキして読めました。
面白かったです。

読み終わって思った事
男性より女性の方が仮面を付けるのは上手いのかも。。w

★★★★☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 東野圭吾 ミステリー シリーズ物

娘を殺されたら、あなたは犯人に何を望みますか。

別れた妻が殺された。
もし、あのとき離婚していなければ、私はまた、遺族になるところだった──。
東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

図書館にて、発売前に予約した甲斐がありました。
早めに手元に届きました~♪

さてさて、プロローグからして
一気に惹きつけられます。

今回のテーマはズバリ「死刑制度」
いや、きっと「死刑制度」だけではなく
「刑罰」全体がテーマなんだと思いました。
めちゃくちゃ重いテーマですよね。


ネタバレあり。
続きを読む方はご注意を。

続きを読む>>

プロローグの後は、子供が殺される話から
物語が始まります。

もし、自分の子供が被害者になり殺されたら
やはり犯人には死刑を求めると思います。
しかし、もし自分の子供が加害者になったら
被害者には申し訳ないけれど
罪を償いながらでも生きていて欲しいと思うのではないかと思います。
(あくまでも、今現在は想像する範囲の事ですが・・・)

この2つの気持ちは相反するものですよね。
結局、被害者にも加害者にもなる事なく
過ごしてもらえるのが一番の願いですが・・・

もし、犯人が死刑になっても
反省していなかったら・・・
これも、また重いテーマです。

犯罪を犯すのも、量刑を決めるのも同じ人間。
その科した量刑が正しいのかどうか
また、その量刑により反省したのかどうか
改心したのかどうかなんて分かるのは難しい事だと思います。

なんて、読み終わった後には、色々な思いや考えが
渦巻きました。本当の重いテーマの本になっていると思います。

うまく、感想をまとめられませんが
読む価値のある一冊だと思います。お勧めです。

★★★★+☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 東野圭吾 ミステリー

病弱若だんなが兄やと交わした五つの約束とは?
えっ、若だんなが大店の跡取り息子たちと稼ぎの競い合いをすることに
なったってぇ!? 長崎屋には超不器用な女の子が花嫁修業に来るし
幼なじみの栄吉が奉公する安野屋は生意気な新入りの小僧のおかげで大騒ぎ。
おまけに幽霊が猫に化けて……。「しゃばけ」シリーズ最新作!

今回は楽しく読めました。
以前は切なくもあり物悲しくもあったのですが・・

しゃばけらしさが前面に出てる作品になっていると思います。

若さんな、相変わらず病弱ですが
兄やや妖達に見守られながら少しずつ成長していく
姿が微笑ましいです。
時には悩んだりしながらも・・ですが。

このシリーズも12冊目。
安心して読めるシリーズになっています。

マンネリを感じる時もありますが
楽しみにしているシリーズでもあります。




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 畠中惠 ファンタジー シリーズ物

やんちゃ二人に堅物ひとり。麻之助・清十郎・吉五郎が江戸は神田で
活躍する。傷心のなか、町名主名代のお役目はどうにか務めている
麻之助。揉めごと諍い悩みの相談、いつもの裁定の仕事をするうちに
過ぎた時間がいつしか薬となってゆく…。


このシリーズも早4冊目。
いやはや、いやはや
前作の終わり方が衝撃だっただけに
どのように物語が展開されるのかとある意味
心配でしたが・・・

今まで読んだ3冊ではまさか
ここまでお寿ずの存在が大きくなっているとは
読み取れませんでしたが、今作品を読んで
そうだったのね~と。
いつも傍に寄り添ってくれた
お寿ずの存在。
いつの間にか麻乃助にはかけがえのない人になっていました。

大きな悲しみから少しずつ己を取り戻していく姿は
とてもけなげでした。
お寿ずの妹、おこ乃ちゃんの存在は気になります。
一読者としては、安易におこ乃ちゃんとは
くっついて欲しくないなぁ。
確かに、可愛いですが。。

表題作「ときぐすり」は逸品です。

★★★☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 畠中恵 ミステリー シリーズ物

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。