プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
278位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!
新たな敵にも倍返し! !

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、
500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い
――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?


ロスジェネの逆襲」からしばらく間が空きましたね。
やっと、やっと待ちに待った新刊です。

今回は航空会社が舞台です。
まぁ、これは誰が見てもJALがモデルだろうなぁと想像はつくはず。

今回も痛快・爽快と読んでいて気持ちのいい作品になっています。
半沢が出世するたびに敵も強大になっていき
今回は、どう結末をつけるのか本当に楽しみにして読み進めていきました。
相変わらずの勧善懲悪は清清しいです。

そして、そして、私は今作品、半沢よりも
中野渡頭取の人間性にとても惹かれました。
こんな上司が居てその下で働けたら
どんなに幸せでしょうか。。。
まぁ、現実はそんなに甘くはありませんが。苦笑

「倍返し」のお決まりのセリフもたった1度しか
出てきませんでしたね。
ドラマで流行った裏返しでしょうか?w

とにもかくにもお勧めの一冊です。
続編が、どのように展開するのかも
今からすごく楽しみです。

★★★★★



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

民王

夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生--。

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。
目をさましやがれ! 」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣
揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀を
めぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が
見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ!


この本って本当に池井戸潤?の本なのというのが
最初の感想。バタバタドタドタと物語が進みます。
私が今まで読んだ、池井戸作品とはあまりにも
かけはなれてて、作者のイメージが
ガラガラと音をたてて崩れたような・・・w

正直、物語に全く入り込めず
読むのがきつかったです。
どうやら、今までの読んだような作品を
期待していただけに、その期待が大き過ぎたみたい。

銀行員の話のように深みやリアルさをあまり
感じず、感情移入も出来ず・・・
結局、どこにいきたかったのか、私にとっては
よく分からない作品でした。

★★☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  



テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤

ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は
鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの
東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば
巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに
親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて
窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに
周囲をアッといわせる秘策に出た―。


シリーズ3作目。
楽しみにして読んだ。そして今回もすぐに読み終えてしまった。
面白い本程、長く読みたいのに
面白ければ面白い程、ページをめくる手が早くなってしまう
この矛盾が、自分で哀しい。。w

題名が「ロスジェネの逆襲」というから
いざ、対決か?と思ったらまさかの共闘。
これも、大きい敵が目の前に居たからか?

左遷させられた時はどうなることか?と思ったけれど
ここで黙ってる半沢ではない。
「やられたらやり返せ」の心意気は
例え、子会社と言えど忘れはしない。

最初から最後まで、読者の心をガッチリつかみ
最後まで、離れていくことを許さない。
スピード溢れる物語の展開と
読み終わった後のスッキリ感、爽快感は
このシリーズの醍醐味。

まだまだ、このシリーズを続けて欲しいなぁ。
これで終わりじゃないよね~w

お勧めの一冊。

★★★★★




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、巨額損失を
出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。
おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。
金融庁には、史上最強の“ボスキャラ”が手ぐすね
ひいて待ち構えている。一方、出向先で、執拗な
いびりにあう近藤。また、精神のバランスを
崩してしまうのか……。空前絶後の貧乏くじを
ひいた男たち。そのはずれくじを当りに変えるのは
自分次第。絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!


オレたちバブル入行組」シリーズ第2弾。

今回は主人公半沢だけでなく、同期の近藤にも
スポットが当てられた話。
前作よりスケールも大きく、内容も
より充実したものになっていて読み応え十分。

話の展開は前作同様
「やられたやり返す。自分の正義を貫く」という
有言実行の半沢、カッコ良すぎ。
そんなカッコいい半沢も奥さんには
敵わないんだと思うと少し、ぷぷって感じ。
やはり女性は強し?かな。

それにしても、今回のラスト
近藤は万々歳なんだけど、半沢に対しての
仕打ちは酷い。
これが、「組織」というものか。。。

続編があるので、そちらで
この後始末がどうつくのか楽しみにしたい。

★★★★☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

崩壊した銀行不倒神話。給料もポストも減り、逆境にさらされても
銀行員(バンカー)よ、顔を上げろ!融資課長・半沢直樹の意地と挑戦を
描く痛快長篇。


銀行が舞台の物語。
題名からして、少し固い話かと思ったら
全くそんな事はなくテンポはいいし
続きは気になるしでさくさく読めた。

元銀行員というだけあって
その経験が隅々までいかされている。

主人公にすっかり感情移入してしまって
浅野にムカつくやら、東田に腹がたつやら・・・
半沢を応援しまくりだった。
やりこめた時には、拍手喝采w

最後には「正義は勝つ!!」ってやつですね。

読み終わった後、スカッとした。
シリーズ物なので、もちろん続きも読む予定♪

★★★+☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。