プロフィール

ゆき

Author:ゆき
ママ友さん、読書友さん
募集しています。
美味しいお店も
教えてください。
欲張りな私ですw
ブログを通して、色々お話
出来たらいいなと思ってます。
気軽にコメント下さいね♪

TBも大歓迎です。

TB、コメント共に承認後の
表示となっています。

相互リンクも募集してます。
コメントにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いします♪

家族 旦那君
    チビ(男の子:5歳)
    
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

フルタイムで仕事しながら
育児に趣味にと頑張ってます。
どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
393位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なじみの小料理屋で飲み、寝入ってしまった次郎吉。おかしな気配に気がついて
目を覚ますと、隣家から火の手が上がっている!次郎吉の機転で延焼は防げたが
火元の家に住んでいた母と幼い娘が焼け出された。火事の原因は不明。
さらに母子の周辺に見え隠れする怪しい人物たち。何かあると感じた矢先
今度は小料理屋が火事に―。人情篤い盗賊・鼠小僧こと次郎吉が悪と闘う
痛快時代小説シリーズ。ますます絶好調の第3弾。

赤川次郎作、鼠シリーズも読み進める事3冊目。
すっかり、このシリーズにも慣れてきました。

私にとって、赤川次郎といえば
三毛猫シリーズだったのですが
こちらも、続々と個性豊かな登場人物が増え
今後が気になる展開になってきました。

気になると言えば「鼠小僧」なのに
「本業」が少し疎かになっている事でしょうか?w

「勧善懲悪」と言うのも
読み終わった後、すっきりしますね。

次の作品が楽しみです。

★★★☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー 時代小説 シリーズ物 ドラマ化

八幡祭りで賑わう夜。大川に架かる永代橋が落ちた! あまりに大勢の人出で
橋が重みに耐えられずに起きた事故だった。だが犠牲者の中にひとり、肩口に
大きな刀傷のある女がいた。殺しか――? いわくありげな女の正体と事件の
真相を鼠が追う! 昼の顔は〈甘酒屋の次郎吉〉と呼ばれる遊び人。しかし
夜になれば江戸の正義を守る盗賊・鼠小僧。庶民の味方〈鼠〉が活躍する
痛快時代小説シリーズ第2弾。


鼠小僧シリーズ、第2弾ですね。
今回も短編連作集になっています。

鼠小僧の役をドラマで演じたのが
滝沢秀明と知ってからは
読書しつつもイメージは彼になってしまいました。

相変わらず、困った人を放っておけない「次朗吉」
今作品では、その性格が前作より表に出ていたような気がします。
小袖も活躍してましたね。

この短編中で「鼠、夜をさまよう」だけは、読後感が
とてもとても、やるせなかったです。
いつもは、明るき方向でお話が完結するんだけに珍しいかも。

読みやすく、寝る前の1冊としてはいいと思います。

★★★☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー 時代小説 シリーズ物 ドラマ化

「表」の顔は、〈甘酒屋次郎吉〉と呼ばれる遊び人。しかし、その「裏」は
江戸で噂の盗賊・鼠小僧。一介の盗賊に過ぎないが、正義とやらにこだわって
一文にもならない事件に首を突っ込んでしまう。それもみな、江戸が故郷だから。
この町で暮らす人々の幸せを見るのが何よりも好きだから――。
今日も妹で小太刀の達人・小袖とともに、ひたむきに生きる庶民を助け
力を振りかざす強きをくじく。痛快エンタテインメント時代小説「鼠」シリーズ第1弾!

赤川次郎作の時代小説です。
シリーズになってますね。
この方の時代小説はお初かもしれません。

連作短編集になっています。
読みやすい文章でもありますし、さくさくと読めます。

江戸時代という時代がしっかり生かされてる小説だと感じました。
なので、すべての話が円満解決という訳ではなく
切なかったり、哀しかったりと色々な読後感がありました。

時代小説を読んだ事がない人も
赤川次郎が始めてという人にも
お勧めの本だと思います。

シリーズ化されてるので、続きを読もうと思います。

★★★☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー 時代小説 シリーズ物 ドラマ化

*****************************************************

大手貿易会社社長が白昼、銃殺された。たまたま殺人現場に居合わせた
宇野警部は銃を持った犯人を誤って射殺してしまう。職務とはいえ罪の
意識に悩む宇野のもとに「真相は葬り去られようとしている」という謎の電話が!
タイムリミットは一週間。果たして宇野は真実にたどり着き、彼自身の良心を
救うことができるのか?さらに恋人の女子大生・永井夕子にお見合い話が
持ちあがり…。夕子と宇野警部が活躍する「幽霊シリーズ」第二十弾。

******************************************************

今回もまたまた、赤川次郎作品。

読んだのは「幽霊法廷」。
なんでもシリーズ初の長編なんだとか。。
確かにそう言われれば
今まで読んだ物はすべて短編だったかも。

さて、感想はというと。。。
長編なんだけど、赤川次郎らしさは
しっかり出ていて、さくさく読みやすかった。

まぁ、彼の作品らしく
綺麗に登場人物が繋がっていき
サクッと解決するんだけどね。

★★+☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー シリーズ物

*****************************************************

友人の別れ話に立ち会った片山晴美は、男が仕掛けた爆弾で
失明してしまう。逃走した男とその母親を追う片山刑事たちは、幼女ねらいの
犯罪が多発する団地に行き着く。団地ではパトロール中の元刑事の国原が、
犯人だと思い込んだ無実の男を誤って殺してしまい、さらに逃走中の爆破犯の
姉が他殺体で発見される。いくつもの事件が交差し、思わぬ結末を迎える
大人気シリーズ第45弾。

******************************************************

ミステリーというには今回は
特に弱いかもしれない。
更に、ホームズの活躍もほとんどないしで
少し寂しい展開かも。

事件も、これでもかというくらい
次から次へと起こるのだけど
あっさり解決しちゃうから読み応えがほとんどなくて。。

まぁ、良く言えば読みやすいんだけど。

もう少しミステリー要素を濃く
そして、ホームズの活躍を増やして欲しいのが
正直なところ・・・・

なので、☆は少なめ。

★★☆☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
          ここ↓
     にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー シリーズ物

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。