プロフィール

ゆき

Author:ゆき
趣味 読書・ゲーム・パソコン
    旅行・外食・漫画

どうぞよろしく☆彡


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
330位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*******************************************

神様たちの御用を聞いて回る人間―“御用人”。
ある日突然、狐神からその役目を命じられた
フリーターの良彦は、古事記やら民話やらに登場する
神々に振り回されることになり…!?特殊能力もない
不思議な力を放つ道具も持ってない、ごく普通の
“人間”が、秘めたる願いを持った神様たちにできること。
それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。
モフモフの狐神・黄金とともに
良彦の神様クエストが今幕を開ける!

*********************************************

題名に惹かれて購入。
神様からの視点と人間からの視点の対比が面白かったですね。
連作短編なので読みやすく、色々な神様について知れるのが
良かったです。テンポよく読み終わる事が出来ました。

黄金、めっちゃいいキャラしてます。w

シリーズなので、追っかけて読んでいきたいと思います。

★★★☆☆

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 シリーズ物 ファンタジー

半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!
新たな敵にも倍返し! !

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、
500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。
政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い
――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?


ロスジェネの逆襲」からしばらく間が空きましたね。
やっと、やっと待ちに待った新刊です。

今回は航空会社が舞台です。
まぁ、これは誰が見てもJALがモデルだろうなぁと想像はつくはず。

今回も痛快・爽快と読んでいて気持ちのいい作品になっています。
半沢が出世するたびに敵も強大になっていき
今回は、どう結末をつけるのか本当に楽しみにして読み進めていきました。
相変わらずの勧善懲悪は清清しいです。

そして、そして、私は今作品、半沢よりも
中野渡頭取の人間性にとても惹かれました。
こんな上司が居てその下で働けたら
どんなに幸せでしょうか。。。
まぁ、現実はそんなに甘くはありませんが。苦笑

「倍返し」のお決まりのセリフもたった1度しか
出てきませんでしたね。
ドラマで流行った裏返しでしょうか?w

とにもかくにもお勧めの一冊です。
続編が、どのように展開するのかも
今からすごく楽しみです。

★★★★★



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 池井戸潤 シリーズ物 ドラマ化

今日は年に一度のイベント、書店大賞授賞式の日。成風堂に勤める杏子と多絵は
初めての授賞式参加とあって、華やいだ気分でいっぱいだ。ところが朝の業務を
終えて出かけようという矢先に、福岡の書店員・花乃が「書店の謎を解く名探偵」に
会いに成風堂を訪れる。書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を名探偵に
解いてほしいというのだ。一方、明林書房の新人営業マン・智紀も、全国から
書店員が集まる今日を有意義に過ごすべく、準備万端調えていた。


ついに、人気シリーズの主人公達が会う日がやってきました。
というわけでもちろん、期待を込めて読みました。

「書店大賞」=「本屋大賞」でしたね。私の中では。。
現実も今はこんな感じなんでしょうか?
そう思うと微妙というか複雑な気持ちかも。

今回は人気シリーズの出会いというだけあって
登場人物がわんさかと出てきました。
視点が変わるたびに少し混乱しました。
最初から最後までドタバタした感は否めません。
楽しくは読めたけれど、落ち着かなかったです。

終わりはこの作者らしい爽やかな終わり方でしたね。
少し無理矢理感もありましたがw

まぁ、楽しく読めたということで
★の数はこんな感じ

★★★☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 大崎 ミステリー シリーズ物

なじみの小料理屋で飲み、寝入ってしまった次郎吉。おかしな気配に気がついて
目を覚ますと、隣家から火の手が上がっている!次郎吉の機転で延焼は防げたが
火元の家に住んでいた母と幼い娘が焼け出された。火事の原因は不明。
さらに母子の周辺に見え隠れする怪しい人物たち。何かあると感じた矢先
今度は小料理屋が火事に―。人情篤い盗賊・鼠小僧こと次郎吉が悪と闘う
痛快時代小説シリーズ。ますます絶好調の第3弾。

赤川次郎作、鼠シリーズも読み進める事3冊目。
すっかり、このシリーズにも慣れてきました。

私にとって、赤川次郎といえば
三毛猫シリーズだったのですが
こちらも、続々と個性豊かな登場人物が増え
今後が気になる展開になってきました。

気になると言えば「鼠小僧」なのに
「本業」が少し疎かになっている事でしょうか?w

「勧善懲悪」と言うのも
読み終わった後、すっきりしますね。

次の作品が楽しみです。

★★★☆☆



励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー 時代小説 シリーズ物 ドラマ化

八幡祭りで賑わう夜。大川に架かる永代橋が落ちた! あまりに大勢の人出で
橋が重みに耐えられずに起きた事故だった。だが犠牲者の中にひとり、肩口に
大きな刀傷のある女がいた。殺しか――? いわくありげな女の正体と事件の
真相を鼠が追う! 昼の顔は〈甘酒屋の次郎吉〉と呼ばれる遊び人。しかし
夜になれば江戸の正義を守る盗賊・鼠小僧。庶民の味方〈鼠〉が活躍する
痛快時代小説シリーズ第2弾。


鼠小僧シリーズ、第2弾ですね。
今回も短編連作集になっています。

鼠小僧の役をドラマで演じたのが
滝沢秀明と知ってからは
読書しつつもイメージは彼になってしまいました。

相変わらず、困った人を放っておけない「次朗吉」
今作品では、その性格が前作より表に出ていたような気がします。
小袖も活躍してましたね。

この短編中で「鼠、夜をさまよう」だけは、読後感が
とてもとても、やるせなかったです。
いつもは、明るき方向でお話が完結するんだけに珍しいかも。

読みやすく、寝る前の1冊としてはいいと思います。

★★★☆☆




励みになります☆ポチっとお願いします。
      ここ↓
  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

  


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 赤川次郎 ミステリー 時代小説 シリーズ物 ドラマ化

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。